職人の心意気




「このバッグ、もう 何年も使い込んで 革の留具がゆるくなっちゃたの。

きつく締め直してくれないかしら。」


先日 そう言ってお客様から修理品をお預かりしました。




↑これが そのバッグです。

何年も使っていると言うわりに、型崩れもなく とても綺麗で驚きました。


当店でお買い上げしていただいたものではありませんでしたが

現在当店でもレギュラーでお取り扱いのある

ファクトリーメーカーさんのものです。



さっそく修理に取り掛かり、

バッグの裏側から針を入れるため、

裏地をほどいて 内部を見てみると さらに驚き。


「 これでもか! 」 というほど丁寧な作業、仕立て が施してありました。


外からは決して見ることが出来ないバッグの裏側。

そこには 技術だけでなく その作品を作った職人の心意気が感じられます。


見えない部分へのコダワリ、

それが裏打ちとなり、

見える部分での ゆるぎない自信、クォリティーに表れるのですね。



人間も同じなんでしょう、

外側ばかりよくたって...



内面から滲み出る良さというものは 誰が見ても分かるものですから。


...話がだいぶん飛んでしまいましたが、

もっと自分磨きに精進せねば...と思うのでした。




_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


当店では お買い上げいただいた後も 末永くご愛用いただけるよう

メンテナンス・修理も承っております。


当店でお買い上げいただいた 商品はもちろん、

その他のご愛用のバッグも出来るだけ ご相談に応じるようにしています。


詳しくは各店スタッフまでお尋ねくださいね!

| 未分類 | 19:42 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

Profile

idee

Author:idee
idee のブログへようこそ!

Carender

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2008年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


検索

Face Book ページ

ブロとも一覧

Mobile

QR